進路・進学

卒業生の声

啓知で学んだすべての事を活かして、
次のステップへと足を踏み出した卒業生からのメッセージです。

就職した先輩のメッセージ

介護福祉科 Y.K.さん
社会福祉法人北九州あゆみの会 (北九州市立戸ノ上中学校出身)
 看護師の母に勧められて啓知高校に進学しましたが,入学して始まった福祉の勉強が難しくて何度か挫折感を味わいました。その時は福祉に興味さえ持てませんでした。でも,障害者施設での実習で,自分に役立てることがあると気付き,もう一度福祉分野で頑張る気持ちになれました。それからは友達と切磋琢磨して国家試験合格を目指して懸命に勉強しました。理解できるまで勉強に付き合ってくれる先生,本気で叱咤激励してくれる仲間に支えられて国家試験に合格し,今は希望の就職先で頑張っています。職場では教えてもらうことも多く大変です。また,自分から学び改良する日々が続きますが,学ぶ楽しさが少しずつ分かり始めました。これから福祉の道を考えているみなさん,早くから目標を定めて取り組んでください。

介護福祉科 H.F.さん
社会福祉法人春秋会特別養護老人ホーム好日苑 (北九州市立早鞆中学校出身)
 初めは通学しやすいからという理由で入学しましたが,この学校で福祉の勉強をするうちに,今までは学べなかったことを知り,その楽しさに惹かれました。クラスは少人数制で先生と生徒の距離が近く,質問がしやすい環境で勉強に専念できたので国家試験に合格できました。座学だけでなく,実技にも重点を置いている啓知高校の授業スタイルは自分に合っていて,勉強がますます好きになりました。グループホームの雰囲気が気に入って就職し,仕事では入居者と料理や買物をしながら自立支援を目指しています。啓知で過ごした和気藹々とした雰囲気が今の職場でとても役立っています。啓知高校はそんな学校です。先生は生徒の相談に親身になってくれて,一人ひとりを大切にしてくれる学校です。これから高校生になる皆さん,高校時代に頑張りたいことを見つけて楽しんでください。

介護福祉科 M.Y.さん
社会福祉法人春秋会特別養護老人ホーム好日苑 (北九州市立戸ノ上中学校出身)
 人のお世話をすることが好きで,中学校の先生から福祉を勧められました。好きなことを進路に選んだので,難しい福祉の勉強も,13週間の介護実習も乗り越えることができました。それでも実習は辛いこともありましたが,施設職員の明るく元気な姿に何度も助けられました。その雰囲気が気に入って就職を決心し,新しい目標も決まりました。笑顔を絶やさず,頼られる職員になること,その努力を続けること。 3年生では国家試験合格をクラス目標にして必死で勉強しました。試験直前の追い込みと掴み取った合格の喜びは忘れられない思い出です。仕事をして感じることは,もっと深く勉強するべきだったということ。介護現場では授業で習った実技と違うことが当然だし,病気の症状も利用者ごとに異なるので,今更ながら勉強の必要を感じます。介護現場は臨機応変に対応することが求められます。これから目指す人は,啓知高校でそれを鍛えてください。

進学を決めた先輩のメッセージ

キャリアビジネス科 R.N.さん
駒沢大学法学部法律学科 (下関市立玄洋中学校出身)
 啓知高校で,私は大きく成長できました。入学した頃は中学生気分が抜けず,慣れない環境に戸惑うこともありました。しかし,次第に友達ができ,先生たちも親身になって接してくれたので高校生活に馴染めました。 キャリアビジネス科に進学した私は,資格取得に努めました。分からないところを先生に質問し,多くの資格取得を達成できました。社会科の授業で社会構造や政治を学んで法律の役割に興味を持つようになり,法学部受験を決意しました。大学は高校と全く違って困惑することもありますが,少しでも早くこの環境に慣れて有意義な学生生活を送りたいです。啓知高校は先生と生徒の距離が近く感じる学校です。勉強しやすく,進路選択にも親身になってもらえたことで進路を達成ができました。最後に,中学生の皆さんへ。検定資格は自分の力を証明するものです。進路選択時に必ず有利になります。先生方のアドバイスを聞いて,努力し続けてください。啓知高校で頑張りたいことを見つけて,自分を成長させてもらいたいです。啓知高校はそれを実現できる場所です。